お客様の声

【肺ガンの疑いの腫瘍マーカーが下がる】昭和63年(1988年)の9月に子宮頚ガンに罹り、それから12年が過ぎましたが、無事完治する事ができました。昨年、平成11年(1999年)の11月に肺炎で入院しました。平成12年の5月になっても咳がひどく病院に行き、血液検査をし、腫瘍マーカーが正常値は通常(12以下)が、私は(19.1)という高さで、レントゲンの検査でも、胸に陰があると伝えられました。3週間後に2回目の検査をする約束で、家に戻りハワイに棲んでいる姉に電話して「姉さん、私はどうすればいいのかしら」と泣き付いてしましました。ハワイの姉が、M10-8 (S.S.) というDr. 鈴木が開発したキトサンがあるから、これをしっかり飲みなさいという言葉とともに、このキトサンが直ぐ送られてきました。5月31日から一日3錠を3回、9錠を20日間飲みました。6月20日に再検査の結果、何と胸の陰が消えていて、腫瘍マーカーの数字が(13)にまで下がっていて、医者がどうして正常になったのだろうと首を傾げておりました。医者から宣告を受けた時の驚きと焦りを今思うと、嘘のようですが、姉から教えてもらったM10-8(S.S.) のキトサンの効力を思い、これからもこれを真面目に飲み続けて行きたいと思っております。有難うございました。
【腸が快調になって】私は、毎日何かお腹の調子が良くなくて、毎朝一応便通はあるのですが、ゆるくて下痢のような感じがしていて、何かすっきりしない事がよくありました。それで友人に勧められて、M10-8(S.S.)とオリバー(OLIVIR)というサプリメントで、色々な悪いバクテリアなどを殺す力のあるオリーブの葉からとった成分を、朝晩1錠ずつ毎日のんでいます。始めて一週間とちょっとですが、もう効果が出ています。もう以前のようにゆるくなく、固い便に毎朝なっているので、びっくり。その上、腸の中のものが、全部出たような長い便にかわり、毎朝スッキリいい気分です。こんなに早くキトサンが私に効くとは、思っても見なかったので、とても嬉しいです。本当に有難うございます。これからはこの2種類を続けて飲んでゆこうと思ってます。
【ハーブティ パウダルコに関する体験】我が家ではパウダルコというハーブ(現在は50%パウダルコが含有されM10-8 シリーズのアガリクスティとして名称をかえている人気製品。)を毎日使い、何かととても効くので大変感謝しております。
80才を越す母は、いつも唇にヘルペスができやすいのでパウダルコをつけると良くなります。
先日も、母の舌先が直径4ミリほど紫色になっているのに気がつきました。
痛みがあれば口内炎かと思い余り心配もしなかったのですが、痛くないというので、悪性の病気ではと却って心配した事がありました。
母は病院や市販の口内炎の薬は気分が悪くなるので、つけられません。
もし悪い病気だったらどうしようと心配でもありましたが、夜寝る前にパウダルコを舌先の紫色の処につけて休みました。 翌朝、舌先の紫色は薄い色に変って、3日もしましたら、毎晩つけていたパウダルコが効いたのでしょうか、完全に治りました。
母は身体が不自由で病院にも中々行けませんし、行ったとしてもどんな検査をされるか分からないなどと考えると、やたら検査をせずにナチュラルなもので治せたことを喜びました。パウダルコの使い方は色々ありまして、この際使い方を紹介したいと思います。

(1) 風邪で喉が痛い時、パウダルコでうがいをする。小サジ半分位を湯飲みに入れ、お湯をいれて溶かしうがいをすると、一晩で良くなる。
(2) 私は軽い喘息なのですが、咳込みそうな時にこれでうがいをすると咳は止まります。2~3回で確実に止まります。
(3) 歯をパウダルコで磨くと、口の中がとてもサッパリします。虫歯も広がらないで済みます。
(4) 切り花をパウダルコの入れた花瓶で、水切りして生けておくと長持ちします。
(5) 身体のために煎じたパウダルコのカスは植物にやると植物が元気になります。

このように我が家ではあちこちにパウダルコを入れた小ビンに、小さく折ったプラスチックのスプーンを入れて置き、いつでも使えるようにしております。鈴木先生のお陰で、ナチュラルなものをいつも教えて頂き毎日を元気に過ごせております。
先日も大変お忙しいなか、私の為に貴重なハーブを送って下さいましたこと、心から感謝申し上げます。
今までは、ありとあらゆる他社の健康食品を数々試してきましたし、病弱な為に死ぬ事ばかり考えていたのですが、このような私の更年期障害や持病のこう原病のために、鈴木先生がサルサパリーラというハーブをプレゼント下さり本当に生きる希望と勇気が沸き、心からお礼申したく有難く存じます。 我が家でのパウダルコの体験をお知らせ方々、重ね重ねお礼申し上げます。
【慢性疲労が消え、精神が安定】M10-8 (S.S.)を飲みはじめて4ヶ月になりますが、毎日この効力の素晴らしさに感激しております。元々体力がなくいつも慢性的な疲れとだるさがあり、口をついて出る言葉は、「疲れた」「だるい」ばかりでした。病院に行って調べてもらってもどこも異常はなく体質的なものと諦めておりましたが、ここ数年は更年期障害も重なり、ありとあらゆる不快症状に悩まされるようになり精神的にも落ち込み、毎日暗い気持ちで過ごしておりました。
そんな時にラジオでM10-8(S.S.)キトサンコンプレックスを知り、早速朝晩1錠ずつ飲んでみたところ、数日すると自分でも信じられない位体が楽になり、次から次と家事をしても全く疲れず、目の前がパッと明るくなったような気持ちでした。それまでの横になって休んでばかりの生活を思い出すと、本当に有り難くこの効果の速さに驚いてしまいました。
その後一週間下痢が続きましたが、体調はいたって良く、気がついたらあれほど辛かった不快症状がなくなっておりました。今迄ですと、どうしても気分が悪いのでイライラしたり、些細な事に腹を立てたりしていたのですが、精神的にも安定し体力にも自信を持てるようになり、つくずく主婦は笑顔と健康が一番大切と痛感しております。今は、MB、FOREVER YOUNG、SUPECTRUMと併せてのんでいますが、不思議な位、肌もツルツルになり抜け毛もなくなり大変喜んでおります。こうして毎日楽しく過ごせる事に大変感謝しております。有り難うございます。
【乳癌を克服して】私は M 10-8を摂らせてせて頂く前は、とても胃も弱くて生野菜や、デザートなども胃にもたれて、パーテイに行っても後の胃の調子が心配で本当に長年、美味しいものをエンジョイできませんでした。
その事は、以前に鈴木先生にもお話させて頂ましたが、この通り仕事を引退し、限られた年金生活をしておりますので、余り沢山購入できないのですが、 M 10-8(S.S.)は毎日欠かさず1~2錠をここ数年摂って参りました。
そのお陰で、以前は歯も弱くて歯ぐきもやせていつも歯や歯ぐきのトラブル(歯槽膿漏)を経験しておりましたが、最近全く感じなくなっている事に気がつきました。そればかりか、肌もきれいになったとシニアシチズンの集まりに行きますとよく言われ、カラオケやウクレレで楽しく過ごしております。
実は私は3年前に初期の乳癌で2個所を手術をしまして、放射線を30回受ける処を6回目で目まいがして私から中止しました。
その後2ヶ月というもの副作用で大変な目に会いました。
1ヶ月以内に片方の乳房も取らないと再発すると言われましたが、断りました。今年になってチェックしましたら、何もなくなっていて本当にほっといたしました。あの頃は食欲不振、不眠が続いて5パウンドもやせ会社も辞めるはめになりました。
それでも外科医も放射線科の人々も全然人の体調の不調に対し、聞く耳を持ってはいませんでした。精神科医に2回行きましたが、睡眠剤を使用するとの事でしたので、それから行くのを止めました。
M 10-8 キトサンを続けることによって、今はこんなに元気に楽しい毎日になり、私の髪の毛がふえた事と毎朝の一杯のコーヒーの何と美味しく、こんなに健康を取り戻せた事を心から有り難く感謝いたしております。
【膝の痛みが消える】母に膝の痛みがなくなり、体が軽くかんじられるそうです。
昭和一桁生まれの母は、彼女が40才代の頃から関節炎に悩まされ続けてきました。彼女と同じように足腰の痛みを訴える人の誰からも痛み止めでない薬を飲んで痛みが完全に取れた等聞いたことがないと、彼女自身痛みと一生付き合う覚悟をしているようでした。
たまたま里帰り前の2月にラジオで鈴木博士のお話を聞きました。
お会いして体験談を、数々読ませて頂く内に、私の母の膝の痛みが取れればと願い、2月の23日に母の古希の祝いのため、沖縄まで駆け付けた折り、半信半疑でキトサンM10-8 SSとスペクトラムを朝夕前2錠ずつ一日8錠を1年位のんだら、体の調子がよくなるそうだからと、母に勧めハワイに戻りました。
ちょうど3週間目の3月15日に沖縄の姪から嬉しいメールで 「おばあちゃんの膝の痛みがなくなり階段の手すりを使わず上り降りするようになりました。」との知らせに涙して喜びました。
母が古希を境に若くなりました。 8月に若くなった母に会うのが楽しみです。
母からは嬉しそうな声で、いつのまにか全く痛みが消えて体も軽くなった、そろそろビンが空になってきたからとM10-8キトサンを催促されました。
鈴木先生ご夫妻のおかげで、親孝行ができました。心から感謝しております。
【リュウマチの痛みも消えて体が楽に】昨年の秋、近くのスーパーに買い物に出た帰り、舗道から向かい側の自宅の方に渡ろうと左足を踏み出したら、へなへなと全く力が入らず歩けない。
どうしようと強い不安にかられ膝をさすりながら10分位立ち尽くした。
恐る恐る再び左足を地につけたら不思議に力が入り無事帰宅できた。
その半年前から、左膝の裏側に膨らみができて正座や、立ち上がる時や、階段の上がり降りに苦痛を感じて検査を受けたが、悪性ではないので暫く様子を見ようとの事だった。
その後、数ヶ月して突然左腕の関節が痛みだし、腕全体が傷むようにひどくなり病院での採血の結果、リュウマチとの診断だった。
これまで一人住まいもままならず、駆けつけて来てくれた娘が、アメリカに住む娘の夫に話してくれたら、まもなくキチンキトサンのM10-8(SS)とリュウマチに良いコンドロイチンのディスカバリ-という製品を送ってくれた。
祈る思いで毎食後飲み続けているうちに、何時の間にか忘れたように痛みが消えて、歩くのも楽になり、腕の上げ下ろしも自由になった。
キチンキトサンのM10-8(SS)とコンドロイチンのディスカバリーは、ハワイのエルダース社から娘の夫がずっと今も定期的に買って送ってくれているので、飲み続けている。
先日忘れていた左膝の膨らみが全くなくなっているのに、今更ながら驚いている。
80歳を超えても、得られた夢のような効力に感謝し今後も守ってくれるよう、祈っている。
【白血球の上昇と共に腸癌が癒】私は1998年9月に棲んでいるここハワイで、腸癌の手術をしました。それまでは、忙しいコックの仕事をしておりました。どこも体は悪くないと思っていた自分でしたが、去年の3月頃(つまり病気がみつかる半年前)に久々に休暇で日本に旅行しました。日本からハワイに戻って、なんとなく自分に体力がないと思うように感じ、何か吐き気もあったりしたので、胃の検査を受けました。 でも、胃は何でもありませんでした。その頃急激に一週間に10ポンドも(約5キロ)痩せてきて、今度は腸を調べてもらいましたら、血便が出ているとドクターに知らされました。それから腸にスコープを入れて調べた結果、癌が見つかりました。
直ぐに2インチ半の腸を取り出して、悪い部分を切り取ってから、私の癌再発防止の闘いが始まりました。
体具合が悪いと感じるようになった頃から、他の会社のアガリクスなども煎じて数ヶ月飲んでいたものでした。私には合わなかったのか、私の体力は中々回復せず、疲れも取れませんでした。
有名なビタミン会社のビタミン製品や、これ又有名なハーブ会社が出している製品でエナジーの出るものや、リュウマチに効くというものも、月に500ドルは買って飲んでました。でも、体具合はよくはなりませんでした。
私は元々、白血球の数値が遺伝的かもしれませんが、其の頃はかなり低い40(又は4000ともいいますが)位でした。(ドクターには25以下になると危ないと言われていました。)
手術の後、落ち込んでいる私に友人が奨めてくれたのが、M10-8(SS)で、飲み始めてみました。
それが、何とM10-8(SS)を飲み始めて2ヶ月もすると白血球は68(又は6800)になり、その次の2ヶ月後には95(又は9500)になったのです。
他のものは全く効かなかったのに僅か数ヶ月にしてキトサンのM10-8は私の長年の念願だった白血球の上昇をやってくれたのです。
飲んでいた他のもの一切を止めて、朝夕2錠ずつ、一日4錠を飲み続けて一年、私は嘘のように元気になりました。
毎日素晴らしい排便があり、腸もすっかりきれいになっているとドクターに言われています。白血球の数値が良くなった事は、本当に有り難く、風邪一つひかない体になれました。
今は週に2回、アスレチッククラブで汗を思いっきりかいて、小さな孫の面倒もみていますが、全然疲れません。
こんなに元気になったのは、ただただM10-8のお陰です。
今年の10月には北海道旅行もしました。食事は油もの、甘いものは避けて、毎日梅干しを欠かしません。この喜びと驚きを沢山の方々に知ってもらいたいと思っております。
【M10-8シリーズ キチン・キトサンの効力の凄さ】現在12歳になる息子がM10-8(180)を飲みはじめたのは、4年程前になります。息子は小さな時から鼻と耳が悪くてしょっちゅう中耳炎を患い、鼻がつまって口を閉じても息が出来ない程で、6歳の時、耳の中に小さなチューブを埋め込む手術もしました。でも、その手術後も中耳炎になりにくくはなったものの、鼻の調子は今ひとつよくなりませんでした。そんなある日、息子の鼻の調子の悪さを見かねた義理の父にM10-8(180)をすすめられたのでした。そして、3ヶ月くらいした頃少しよくなってきて、1年程たった頃にはすっかり良くなり、今では風邪もひかない程健康になり、鼻も耳もすっかり良くなりました。今でも毎日M10-8(S・S)を2錠ずつ飲み続けております。
【中咽頭癌を克服】私は去年の5月、顎の下のリンパ腺が少し腫れていたので日本の某大学病院で検査をした結果、中咽頭癌であると言う検査結果を知らされました。セカンド・オピニオンを聞く為に受けた癌専門の某国立病院の検査の結果も同じで、手術か放射線療法いずれかの選択をしなければなりませんでした。その晩泊まった病院の光景は凄まじく、喉の手術の為に顔を切断し顔がゆがんでいる人、顎のない人など様々で、手術の結果からでしょうか、つらさのあまりに出るうめき声が聞こえてきて、まるで地獄にいるようでした。

私自身も放射線治療を10回受けた段階で水も喉を通らぬ状態になり、これ以上続けたら良くなるどころか逆に殺されてしまうと判断し、クオリティ‐オブ・ライフを選択、食生活を改善し医者の治療は全て止めて、自然治癒力を高め、体内の良い細胞を活性化させようと決心しました。そこで、以前からキチンキトサンは癌細胞を封じ込め、癌の転移を防ぐと聞いていましたので、鈴木真博士の研究されたキチンキトサンM10-8スーパースペシャルを一日に10錠程摂取しはじめました。今年の7月に再検査を受けたところが、CTスキャンは正常で血液検査のマーカーも正常、癌の症状が見つからないのです。それでも医者は癌細胞は必ずあると言い張り、放射線治療を再度勧めましたが、私は私自身に与えられている自然治癒力をこれからもっともっと高めていく決心を堅くさせられました。

鈴木真博士のキチンキトサンM10-8(S・S)に出会えた事に心から感謝しております。
レビューを書く